2020年10月14日

ナプラ N. エヌドット ポリッシュオイル 150mlがお買い得!!

学術会議-2.jpg
朝日新聞デジタルに拠りますと、「安保法に反対する学者の会」が抗議声明 学術会議問題との見出しで、日本学術会議が推薦した会員候補6人が任命されなかった問題で、「安全保障関連法に反対する学者の会」は14日、東京都内で記者会見し、「6人が任命見送りになった経緯と理由を明らかにし、すみやかに任命すること」を求める抗議声明を発表した。
学者の会は、2015年制定の安保法制に反対するため結成され、学術会議会員の経験者も多い。
学者の会のまとめでは、これまでに学会延べ370団体、大学や大学関係者ら17団体が声明を発表している。
声明では「日本学術会議法は政府からの独立性をうたい、首相の任命権を制約している」と指摘。
任命拒否は「学術会議の独立性と学問の自由を侵害する許しがたい行為」と非難した。
「学問的研究と業績評価による会員の選考に政治が介入することはあってはならず、学問への冒瀆(ぼうとく)行為。民主主義と立憲主義を破壊する違法行為」と断じた。
内田樹・神戸女学院大名誉教授は「学術共同体に政権が関与し、忠誠心にもとづきイエスマンを集めれば、反抗する人がいなくなり管理しやすくなる。日本の発信力を損ない、世界における評価や国力を下げる行為だ」と批判した。
小熊英二・慶応大教授も「理由を明らかにせず任命を拒否できるようにすることは、不透明な差別の温床になる。権力者であっても法に定められた手順を踏まねばならないとする『法の支配』を破る行為であり、歯止めをかけなければいけない」と懸念を示した。
と、有りますがイエスマンじゃないから、選挙で選ばれた国民の負託に応える為に既得権益化している日本学術会議にメスを入れた訳で在ります。
拒否云々の詳細を明らかにしろと言うならば学術会議に在っても推薦の理由を明らかにしなければ公正、透明性に疑義が生じ、また国費が10億円以上投じられているのに国民の審判を受けない訳ですから正当性の担保の観点から、学術会議の方が推薦の理由を国民が納得出来る様に明らかにする責任が有ると思います。
ましてや菅総理の仰る様に事実上、後任指名が可能な現状ならイエスマン云々は正に学術会議こそ問題にすべき事案です・・・(^-^;

今日のお勧め
ナプラ N. エヌドット ポリッシュオイル 150ml
np-N-P-OIL-150.png
●「ナプラ N. エヌドット ポリッシュオイル 150ml」は、セサミオイル、サフラワーオイル、ヒマワリオイルなどいずれも浸透性が高く、髪や肌に伸び・なじみの良いオイルから作られているので、非常に軽い仕上がりです。
●ヘア、ハンド、ボディ用に幅広くお使い戴けます。
●天然素材100%で作られたオイルです。
●マンダリンオレンジ&ベルガモットの香りです。
●ウェット艶髪ショート、ゆるまきロング、軟毛巻き髪スタイル等にお勧めです。


その他のナプラ N. エヌドット シリーズ
posted by 美容通信使 at 17:36| Comment(0) | ナプラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。