2019年02月26日

ミルボン ディーセス エルジューダ グレイスオン エマルジョンがお買い得!!

イエレン-2.jpg
共同通信社に拠りますと、経済政策の「理解力欠如」=異例のトランプ氏批判−前FRB議長との見出しで、トランプ米大統領が経済政策を理解しているのか疑わしい−。
イエレン前連邦準備制度理事会(FRB)議長は25日放送された米ラジオとのインタビューで、FRBの金融政策に繰り返し不満を表明したトランプ氏を厳しく批判した。
FRB議長経験者が大統領を非難するのは異例。
トランプ氏は、独立性が尊重されるFRBの金融政策に対し「愚か」「常軌を逸した」などと不快感を示すとともに、自らが指名したパウエル現議長の解任も検討したとされる。
イエレン氏は「批判がエスカレートすればFRBの信認が損なわれる」と懸念を示すとともに、歴代大統領が控えてきた金融政策への「介入」はトランプ氏に「FRBの政策が経済に与える影響の理解力が欠如していることの証左だ」と断じた。
と、有りますが本来なら2期務める事が慣習化されるFRBの議長の職を1期で解かれ恨み心頭が故も有り更に言えばリベラル派でしょうから尚でしょうが、教育も金融政策も政治的にサンクチュアリ視する向きも有りますが客観視するは当然としても孰れも最終的にその責任を政治が負うのですからイエレン前議長の言は従来の慣習化されたスタンスを踏み躙られる立場とは理解するも現代の間尺に合わなくなって来て居るのでしょうね・・・。
実際、世界が同一の価値観、同一の組織、政治体系で出来ているならいざ知らず、独裁国家や社会主義、共産主義国家と有り其々の国が当然の事ながら野心を隠して意図的に悪意を持った行動を起こした時、民主主義はどれだけ強靭さを保ち得るでしょうか?
寧ろ、メディアに踊らされ集団的ヒステリーで前大統領を退陣させた日本のお隣の民主主義を掲げる国家は正に崩壊の危機に有り、この一事を見ても民主主義の脆弱性が如何ばかりかは想像に難く無いでしょう・・・(^-^;
で、在るならトランプ大統領はこの非常事態に従来に捉われず経営者的な感覚で国家危急の秋をあらゆる手段を駆使して対抗せんとしてるのでしょう・・・。
ならば、一金融官僚の思量の及ぶ所では無いのは火を見るよりも明らかです(^^ゞ

今日のお勧め
ミルボン ディーセス エルジューダ グレイスオン エマルジョン 120g
MB-EJ-GEJ-120.jpg
●「ミルボン ディーセス エルジューダ グレイスオン エマルジョン 120g」は、夜つけて乾かすだけで使うごとに髪質が改善され、毛先がまとまり、ツヤ感のあるやわらかさと潤い感に満ちた髪へ導きます。
●水分保持に大切な働きをする有機酸を含むエキスを配合。
●世界一高価な香料を使用しています。
●みずみずしいフルーティーフローラルに、温かみのあるイリスを組み合わせた、うっとりするような香りです。


その他のミルボン ディーセス エルジューダ シリーズ
【関連する記事】
posted by 美容通信使 at 11:54| Comment(0) | ミルボン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。