2018年12月13日

メロス コスメティック ID ケアがお買い得!!

ゴーン逮捕-2.jpg
ブルームバーグに拠りますと、ゴーン被告の支援、仏政府動かず−エリート主義の印象払拭に躍起との見出しで、日産自動車に会長職を解任されたカルロス・ゴーン被告に対し、レバノンでは連帯を呼び掛ける街頭看板が並ぶ。
同被告のもう1つの母国フランスでは、当初からわずかしかなかった支援の声が今や急速に消えつつある。
「黄色いベスト運動」のデモが吹き荒れるフランスで、ゴーン被告の窮状という問題は脇へ追いやられている。
デモ参加者が訴えているのは富の不平等に対する憤りであり、エリート主義に対する強烈な嫌悪だ。
ノッティンガム・トレント大学でフランス研究を専門とするクリス・レイノルズ教授は、「ある意味、カルロス・ゴーン氏は黄色いベストの参加者が嫌悪する全てを体現している」と指摘。
「所得上位1%に入るゴーン氏は、経済改革に必要との名目で政府が強いるあらゆる犠牲から完全に保護されている」と述べた。
ゴーン被告の支援に動かないのはフランスの政治家だけではなく、幅広い層からも同情が見られない。
ハッシュタグ「#FreeCarlos(ゴーン氏を自由に)」のツイッターは全く広がらず、著名な実業界幹部や業界団体もほぼ口をつぐんだままだ。
ルノーの筆頭株主として、ゴーン被告の苦境に最大の経済的利害を持つのはフランス政府だ。
だがマクロン大統領は、同被告について直接コメントすることを控えている。
ルメール財務相はゴーン被告が推定無罪であり不正の証拠を要求するなどと主張してはいるものの、言及は最小限にとどめている。
と、有りますが悪い事は出来ないモンですね(*^▽^*)
遂にフランス政府も見限りましたか(^^ゞ(笑)
然も、マクロンがフロランジュ法定めて日産や三菱をルノー傘下に収めんとやらしたのにゴーンは強欲過ぎてパクられ、燃料税の下手打ちでゴーン救出どころか己の政治生命まで危うく・・・。
フランス、マクロン大受けです((´∀`))ケラケラ

今日のお勧め
メロス IDケア ヘアカラー シャンプー 250ml
ME-ID-HC-SP-250.jpg
●「メロス IDケア ヘアカラー シャンプー 250ml」は、ヘアカラーの色持ちをよくする特許取得成分のアルカリ除去微粒子であるアスパラギン酸配合により、髪にダメージを与える残留アルカリ性を取り除き、損傷したキューティクルを修復します。
●天然植物エッセンスで毛髪保護成分のカミツレ花エキス・オウバクエキス・甘草エキス配合で紫外線・乾燥・ダメージから髪を守り、たっぷり潤いを閉じ込めた美しい健やかなツヤ髪へと仕上げます。
●毛髪保護成分のマイクロヒアルロン酸と加水分解ヒアルロン酸が毛髪表面の保護だけでなく、内部へ浸透し毛髪を保護修復します。
●ヘアカラーの色持ち効果を実感でき、ツヤと弾力のある美しい髪へ導きます。


メロス IDケア ヘアカラー シャンプー 700ml
ME-ID-HC-SP-700T.jpg

その他のメロス コスメティック ID ケア シリーズ
posted by 美容通信使 at 18:58| Comment(0) | メロス コスメティクス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。