2017年12月15日

デミ ビオーブ フォーメンがお買い得!!

大津市いじめ事件-1.png
産経新聞に拠りますと、【大津中2いじめ自殺訴訟】衝立の中での「遊びだった」「覚えてない」証言…元同級生らへの尋問全て終了、5年にわたる訴訟、結論へとの見出しで、平成23年に大津市立中学校の男子生徒=当時(13)=が自殺したのは「いじめが原因」として、遺族が元同級生らに損害賠償を求めた訴訟で、9月から4回に分けて遺族や元同級生計12人に対して行われた尋問が14日、終了した。
来年5月8日に結審の見込みとなり、5年以上にわたった大津地裁での訴訟に結論が出る。
尋問で注目されたのは、公開の法廷で話すのが初めての元同級生3人。
姿が見えないように設けられたついたての中で、3人とそれぞれの保護者、当時の担任への尋問が行われた。
元同級生らはこれまで暴行の事実などは認めているが、いずれも「いじめの認識はなかった」としてきた。
尋問でも同級生らは男子生徒に馬乗りになったり、体を押さえて蜂の死骸を口の上に乗せたりなどの行為は認めたが、いずれも「遊びだった」「身体的、精神的に傷つけた認識はない」などと主張した。
また、遺族側が、市の設置した第三者調査委員会の調査報告書や当時の県警への供述調書を基に事実確認を求めても「覚えていない」などという返答も目立った。
自殺した男子生徒の父親が、元同級生と保護者に質問する場面も。
父親は「息子が亡くなってからの6年で、息子に謝罪の気持ちを持ったことはあるか」と問いかけ続けた。
質問に対し、元同級生3人のうち1人は「生きていれば言いたいこと、謝りたいことがある。その思いは6年間常に持ち続けている」と謝罪の意思も見せたものの、ほかの2人は「亡くなる前に何に悩んでいたのかずっと聞きたいと思っていた」という答えや「ない」と一言で終わることもあった。
と、ありますが今回の相撲の事件を見ても思った事ですが、大津の虐め事件の加害者にしても外来種の思考形態、行動倫理は日本人には馴染めません。
琵琶湖でも外来種に由って生態系が脅かされている今、外来種と固有種を区別するべきです

今日のお勧め
デミ ビオーブ フォー メン フォルスナリシング X 150ml
DM-Bi-FnX-150.jpg
●「デミ ビオーブ フォー メン フォルスナリシング X 150ml」は、頭皮に潤いを与え髪の一本一本を弾力のある髪へと導きます。
●男性の髪、頭皮に必要な成分を贅沢に配合。
●男性の抜け毛、脱毛予防にお勧めです。


デミ ビオーブ フォー メン フォルスナリシング X 450ml
DM-Bi-FnX-450T.gif

その他のデミ ビオーブ フォーメン シリーズ
posted by 美容通信使 at 18:31| Comment(0) | デミ コスメティクス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。