2017年10月26日

パイモア グラッツが登場!!

安倍晋三-2.jpeg
AERA dot.に拠りますと、自分の生活のための選挙では? 女子大生が抱く選挙への憤りとの見出しで、一夜にして野党第1党が消え、激しい政界再編の動きに呆然とする有権者たち。
10月22日の衆院選投開票日、ゆれてる私たちは、どこに投票したらいいのか。
霞が関のキャリア官僚出身の50代の弁護士は「前回は民主党に入れたが、今回は初めて共産党に投票する」と話す。
親の代から自民支持。
しかし、小泉首相以来、民主的プロセスを無視した強引な政権運営を見て距離を置くようになった。
今回、安倍政権の批判勢力として立憲民主党に期待しているが、小選挙区で野党共闘が成立した。
「安倍さんはアホすぎる。トランプに追随するから戦争のリスクが高まる。北朝鮮は挑発しなければ日本に何もしない。希望の党も防衛政策では安倍さんと同じ。日本はこれから人口も減る。軍備は最小限にして足元の少子化対策を優先するべきだ」
「台風の目」になるかもしれないのが、立憲民主党だ。
都内在住のライターの女性(46)は、自民党のストッパーとなり、脅威になる政党の存在として立憲民主党に期待する。
「少なくとも党名に『立憲』とつけた意味を、重く、素直に信じて受け取ってもいいのなら、立憲民主党に期待してもいいのかなと思います」
そもそも今回の衆院選は各党、何を問うのかはっきりしない。
安倍晋三首相は消費税の使い道を問うなどと説明するが、実施は2年も先の話だ。
多くの若者が目先の将来に不安を抱いている。
名古屋市在住の国立大学2年の女性(20)は、とにかく何のための選挙なのかわからないと憤る。
福祉や奨学金の問題に関心があるので、選挙権を得てからは障がい者やLGBTなどマイノリティーへの政策が充実し、奨学金問題に真剣に取り組んでくれそうな党や候補者に投票してきた。
しかし今回はどの政党もどの議員も「議員としての自分の生活」のために選挙に取り組んでいる気がして、本当に嫌悪感がするという。
「国民の代表として国会に出席する、という本来あるべき政治家の姿をしている人がなかなか見つからなくて心苦しいです」
と、有りますがよ日本死ねの様な誰が言ったか分からない飲み屋の酔っ払いオヤジ並みの発言を記事にしたなと感心します
特に女子大生にもなって「トランプに追随するから戦争のリスクが高まる。北朝鮮は挑発しなければ日本に何もしない。」と語ってる辺り客観的検証も無しで自分の思い込みで語ってる等、日本の教育の劣化を感じます・・・
抑々、先の東京都知事選に出たジャーナリストの鳥越さんも中国が攻めて来る事なんてないとか自分の思い込みを語ってましたがジャーナリストを名乗る人間すらこの為体が故に教育の劣化を今に嘆いても仕方ないかもしれませんが・・・
更には立憲民主党を持ち上げてますが、意味が分からない!
抑々、民主党の連中が選挙の優位性を狙って度々政党名を変えマネーロンダリングならぬネームロンダリングで政権時代でやらかした不始末を少しでも薄めようとする意図が透けて見える政治家の矜持より当選を優先する一番政治家として恥ずべき連中
正にこの女子大生なる人物は言う「少なくとも党名に『立憲』とつけた意味を、重く、素直に信じて受け取ってもいいのなら、立憲民主党に期待してもいいのかなと思います」と、名前だけで評価する等、前後見境なく薄っぺらい・・・
おまけに今回はどの政党もどの議員も「議員としての自分の生活」のために選挙に取り組んでいる気がして、本当に嫌悪感がするという部分に於いてはその連中こそ選挙を前に生き残りドタバタ劇をした民進党だった筈・・・。
もう少し今に至った経緯、指針を見極めて語れる位には成長して欲しいモノだと教育の劣化を危惧しながら切に思います
そして、AERA dot.こそ物の分からん何処かの女子大生の言など出さんとAERA dot.しての論説を以ってして啓蒙啓発の一環として自分の口から国民に語り掛ける冪ではかと思いますが如何でしょうか

今日のお勧め
パイモア グラッツ APローションプラス 120ml
PM-GT-AP-LTP-120.jpg
●「パイモア グラッツ APローションプラス 120ml」は、髪につけてもベタつかず、ライトな仕上がりでシルバーベールで髪に嫌な臭いをよせつけません。
●UVプロテクトで紫外線から髪を1年中いたわります。
●ドライヤーやアイロンの熱から髪を守り、しなやかでハリのあるセット力で髪のうるおいをキープします。
●熱処理専用スタイリングローションです。
●スタイルを長くキープさせながらトリートメントカも持続します。
posted by 美容通信使 at 14:12| Comment(0) | 美容室専売品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。