2016年11月12日

ナンバースリー ミュリアムがお買い得。

蓮舫-4.jpg
産経新聞に拠りますと、【政論】民進党・蓮舫代表「トランプ氏に失礼」でまたもブーメラン TPP交渉参加の協議入り決断は旧民主党政権ではなかったかとの見出しで、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)承認案などをめぐり、米大統領選でTPP脱退を明言するトランプ氏が勝利したことを受け、民進党執行部から承認案の即時撤回を求めるような発言が相次いでいる。
そもそもTPP交渉参加に向けた協議入りを決断したのは、平成23年の旧民主党・野田佳彦内閣だ。
自由貿易体制を重視する本来の立場を忘れ、トランプ氏を安倍晋三政権の攻撃材料にするのは本末転倒でないか。
蓮舫代表「新大統領に対して失礼にあたるのではないかとも思い、懸念している」
野田幹事長「新しい大統領にケンカを売るような話にもなりかねない」
蓮舫、野田両氏はトランプ氏が勝利した9日、承認案などの衆院採決を急ぐ政府・与党を批判した。
民進党は「今回の交渉で農産物重要5項目の聖域が守れなかった」ことなどを理由に承認案に反対しているが、TPPの理念は否定しない立場。
7月の参院選で発表した「民進党政策集2016」にも「アジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)の実現をめざし、その道筋となっているTPPなどの経済連携を推進します」と明記している。
トランプ氏はTPPを「米製造業の致命傷になる」と批判するなど保護主義的な姿勢を示してきた。
民進党の考えるべき道は、TPPの理念まで消え去りかねない危機への対応であり、「トランプ氏に失礼」などと肩を持つことではないはずだ。
と、ありますが村田蓮舫にせよ泥鰌の野田にせよどこの国の政治家だと言いたいですね
アメリカに阿る発言ばっかりしやがって
我々日本人の税金で飯喰ってんだから日本人ファーストの政治をするのが当たり前だろうが

今日のお勧め
ナンバースリー ミュリアム ヘアフレグランス 80g
03-MM-HFG-80.jpg
●「ナンバースリー ミュリアム ヘアフレグランス 80g」は、甘くみずみずしいホワイトローズの香りが、ゆれるたびにやさしく香るヘアフレグランススプレーです。
●べたつきのないノンシリコーンでウォーターベースの霧状のスプレーが、髪全体を包み込み、ヘアデザインに上品でフェミニンな香りを演出します。
●スタイリング後やお出かけ前、日中の外出先など髪に香りをつけたいときにお使い下さい。


その他のナンバースリー ミュリアム シリーズ
【関連する記事】
posted by 美容通信使 at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ナンバースリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック