2016年10月28日

WELLA EIMIが登場。

オランダ・ハーグの国際刑事裁判所-1.jpg
AFPBB Newsに拠りますと、ガンビア、国際刑事裁判所からの脱退を表明との見出しで、西アフリカのガンビアは25日、オランダ・ハーグ(Hague)の国際刑事裁判所(ICC)が「有色人種、特にアフリカ人に屈辱を与え迫害している」として、同裁判所からの脱退を表明した。
今月先立って、南アフリカとブルンジがICCからの脱退を表明していた。
ガンビアのシェリフ・ボジャン(Sheriff Bojang)情報相は国営テレビで行った発表で、ICCが西側諸国の犯した罪を無視する一方で、「アフリカ人、特にその指導者たちを迫害するために」利用されていると語った。
ボジャン情報相は、トニー・ブレア(Tony Blair)英元首相のイラク戦争開戦の決断について、ICCが訴追しない決定を下したことを一例として挙げた。
「ICC創設以降、独立主権国家とその国民に対して許し難い戦争犯罪を行った西側諸国は多く、少なくとも30か国以上に上っているものの、西側の戦争犯罪は1件たりとも訴追されていない」と同情報相は述べた。
さらにボジャン情報相は、「ICCは、国際刑事裁判所(International Criminal Court)と呼ばれているが、実際には有色人種、特にアフリカ人を迫害し屈辱を与えるための国際白人裁判所(International Caucasian Court)だ」と批判した。
と、ありますがアフリカの方々は主にヨーロッパの白人の毒牙にかかり植民地にされ、人は強制連行で連れ去られ、土地は簒奪され白人の嗜好品を賄う農地に変えられ国家としての機能も持てず近年やっと独立したと思ったら国の富は全て白人に持ち去られ貧しさだけが残った・・・。
やがて残りものを巡り奪い合いが始まり白人国家が作った武器を手に同胞同士で憎み奪い殺し合い、更に貧しくなり武器を売った白人国家は肥え太る・・・。
またアメリカでは白人警察官が白昼堂々と黒人を容疑に託けて射殺する。
そんな自国の人権すら守れないアメリカでフィリピン植民地化時に住民の大量虐殺を引き起こしておきながら、超法規的手法を以って犯罪撲滅を図るドゥテルテ大統領を人権擁護の観点から意見する・・・。
白人は自分達の過去の蛮行と向かい合う時期に来ているものと思われます

今日のお勧め
ウエラ EIMI アイミィ スカルプトフォースジェル 125ml
WL-EM-SF-JEL-125.jpg
●「ウエラ EIMI アイミィ スカルプトフォースジェル 125ml」は、アクリルのようなツヤと強めのホールド力で、ドラマチックなメリハリのあるスタイルをつくります。

その他のウエラ アイミィ シリーズ
posted by 美容通信使 at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ウエラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック