2016年10月27日

ウエラ カラーリチャージがお買い得。

パク-1.jpg
産経新聞に拠りますと、【激震・朴政権】政権最大級のタブーとは…朴槿恵大統領の政治生命の終焉につながる可能性がある 前ソウル支局長・加藤達也との見出しで、朴槿恵(パク・クネ)大統領の名誉を毀損したとしてソウル中央地検で取り調べを受けた際、記者に検事がしつこく聞いてきたことの一つが崔太敏(チェ・テミン)、順実(スンシル)親子に関することだった。
朴氏の抱える最大の急所なのだと、間もなく気づいた。
韓国検察は26日、朴氏の友人の崔順実氏の自宅などを家宅捜索した。
これは朴氏の政治生命の終焉につながる可能性がある。
崔親子との交友こそ、朴氏が隠さなければならなかった事柄であり、政権最大級のタブーなのだ。
「つらかったときに助けてもらった」。
演説草稿や閣議資料を事前に崔順実氏に渡していたことが明らかになった25日、朴氏は崔氏についてそう説明し、謝罪した。
言い換えれば、他に助けてくれる人がいなかったことを意味する。
朴氏は孤独なのだ。それは朴氏の人生と、政治家としての成長過程に起因する。
朴氏は自叙伝『絶望は私を鍛え、希望は私を動かす』で、幼少期の母が「どんなに小さい間違いでも心から反省しなければ厳しく叱った」と記し、両親は他者への礼儀や配慮に厳しかったと述懐している。
学業でも小中高から名門、西江大を卒業するまで学年首席で通した。
自著には、朴氏が「完全無欠」を志向する過程が描かれている。
ただし政治家になると、独善に転化した。
ハンナラ党代表当時の報道官、田麗玉氏は著書で、朴氏は「私が原則」という思考回路の持ち主だと批判した。
父の朴正煕元大統領は在職中に腹心に射殺された。
朴氏は父の死後、父の側近や親友とされる多くの人々がよそよそしくなったと感じていたという。
人一倍疑い深く成長した朴氏の中で、崔親子は特別な存在だった。
崔太敏氏は朴元大統領に大きな影響力を持つ相談相手だったとされる。
「つらかったときに助けてくれた」関係は親子二代に及ぶ深いものだ。
朴氏は国会議員当時、崔順実氏の夫の鄭ユンフェ氏=すでに離婚=を側近として受け入れてもいた。
朴氏は就任当初、登用した高官人事で失策を繰り返した。
訪米中にわいせつ事件を起こした大統領府報道官までいる。
当初、崔順実氏に頼っていたという朴氏は、これらの人事をだれにも相談せず実施したと指摘されたが、背景に崔氏がいたとすれば話は別だ。
崔氏をめぐるスキャンダルは、朴氏の「孤独」と深くつながっている。
と、ありますが無能な奴が無能振りを曝しただけで特に驚くに値しませんが、次の大統領と噂される潘基文も国連事務総長で過去最低の呼び声の高い人物、次はどんなギャグで笑わせてくれるのか今から楽しみです(笑)

今日のお勧め
ウエラ カラーリチャージ ベージュ 200ml
WL-CRC-BJ-200.jpg
●「ウエラ カラーリチャージ ベージュ 200ml」は、サロンカラーの美しさを保ちながら、柔らかい手触りに仕上げます。
●ミルクティ、ベージュ、ブラウン系のヘアカラーの方にお勧めです。


その他のウエラ プロフェッショナル カラーリチャージ シリーズ
posted by 美容通信使 at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ウエラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック