2016年06月30日

軽い仕上がりをハードにキープできるクレイタイプのヘアワックスが登場!!

韓国-10.jpg
ビジネスジャーナルに拠りますと、外国人を差別しても処罰されない日本…韓国人へのヘイトスピーチ、国は規制する気なし?との見出しで、2013年のユーキャン新語・流行語大賞のトップテンに選ばれるなど、ここ数年、社会問題となっている「ヘイトスピーチ」。
それを規制しようというヘイトスピーチ対策法(本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律)が6日3日、国会で成立し即日施行された。
ただ、同法の立法目的は次のように定められている。
「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消が喫緊の課題であることに鑑み、その解消に向けた取組について、基本理念を定め、及び国等の責務を明らかにするとともに、基本的施策を定め、これを推進する」
つまり、同法は明確にヘイトスピーチの規制を目的としているのではなく、ヘイトスピーチの解消に向けて国が取り組むことを基本的な立場とし、推進すると定めているにすぎない。
具体的な施策としては、相談体制の整備や教育の充実、啓発活動を挙げるにとどまっている。
このように現行のヘイトスピーチ対策法には、ヘイトスピーチを行った場合の罰則規定がない。
そのため、同法はヘイトスピーチを規制する実効性がなく、不十分だとの声も一部で上がっている。
なぜ罰則規定がないのだろうか。
罰則を設けなかった理由について、中尾慎吾弁護士は次のように分析する。
「憲法21条1項で保障されている『表現の自由』に配慮して、国民の表現行為に対する事前抑制的な効果を最小限にするために、今回は罰則を設けなかったのではないでしょうか」
つまり、罰則を設けることで、多くの人に「迂闊に意見表明をすることができない」という意識を植え付けないように配慮したというのだ。

●罰則のないヘイトスピーチ規正法の意義
罰則がなくても、実効性はあるのだろうか。
中尾弁護士は、「刑罰は、国家が国民の特定の行為に対して科するものであり、基本的には刑法という分野における問題となります。他方、刑法の分野において罰則が規定されていない行為でも、民事上で違法とされる行為は存在します」と述べる。
つまり、刑事上の罰則と民事上の違法は分けて考える必要があるのだ。
 「ヘイトスピーチ対策法に罰則規定がないからといって、不法行為に該当しないということにはなりません。個別具体的な事情を考慮した上で、民事上の不法行為を構成するものであるのか、あるいは特定の言動がヘイトスピーチに該当するのかを慎重に判断します」(同)
仮に、ある言動がヘイトスピーチだとして、民事上の不法行為に当たるかどうかが裁判で争われた場合、それを判断するのは裁判所だ。
いざ裁判になってみなければ、言動の違法性が認定されるかどうかわからないのだ。
行為者がヘイトスピーチに当たらないと考えたとしても、裁判所により事後的に違法行為と認定され、慰謝料や損害賠償の支払いなどが命じられるおそれはあるといえる。
このようなおそれがある以上、罰則規定の存在しないヘイトスピーチ対策法によっても、迂闊に意見表明できないという意識を植え付けることになると中尾弁護士は指摘する。
またヘイトスピーチ対策法は、行政の対応にも変化をもたらしている。
神奈川県川崎市が、ヘイトスピーチを行うための公園使用を不許可処分としたことについて、福田紀彦川崎市長は6月7日の会見で「私たちの下した判断も、今回のヘイトスピーチの対策法という法律が制定したことが大きな後押しになっていることは間違いない」と述べていて、影響は表れているといえる。
罰則がなくても、ヘイトスピーチ対策法は確実に社会を変え始めている。
各自治体や警察の運用状況なども踏まえ、今後もさまざまな角度から、そのあり方について広く議論されるべきだろう。
と、ありますが抑々、日本に招聘した方々なら差別云々も聞けん話では無いですが、戦後の混乱期に乗じて勝手に来て差別するなって法はないだろう。
抑々、ヘイトスピーチにしてもアメリカ人やオーストラリア人に向けてしたって話は聞いた事が無い!
特定の民族、即ち朝鮮人、韓国人だろう。
差別してはいけないとは何か?
横田めぐみさんを始め多くの日本人を誘拐した誘拐犯を多数抱え、今もまたミサイルで日本人の生存権を脅かし、韓国は韓国でありもしない従軍慰安婦なる嘘を弄して日本の国際的な品位を貶め、今現在も竹島を占領する侵略国家である訳です。
日本人として嫌わない理由が分からない(笑)
そこを棚に上げて差別がどうだって話は通らない。
嫌うのは勝手だし、何故嫌うのかを広める事は今後国際社会に於いて日本を貶める勢力と渉り合う政治家の矜持を鍛え日本人が歴史を直視する事に他ならない。
また、韓国にあっては安倍総理の写真を切り裂き、日本の国旗まで燃やしているではないか!
日本は品位ある国が故にそんな蛮行をしませんが(笑)
こんな奴等を好きって奴の方がおかしい
抑々、表現の自由が保障される中で罰則規定を設ける事に由って都合の悪い意見を封殺する事こそ何時か来た道だと言う事を肝に銘じるべきであろう

寧ろ、北朝鮮人にしても韓国人にしても愛国を叫びながら祖国が大変な時に日本なんかで何してるの?
早く帰って国家に尽くしなさいと言いたいですね
別に頼んで来てもらった訳ちゃうし

今日のお勧め
ナカノ モデニカ スモーキーマット 60g
NK-MD-SM-WAX-60.jpg
●「ナカノ モデニカ スモーキーマット 60g」は、マットな質感でふんわりと軽い仕上がりをハードにキープできるクレイタイプです。
●湿気からヘアスタイルを守ります。
●紫外線による髪へのダメージを低減します。
●清潔感のあるシトラスフローラルの香りです。


その他のナカノ モデニカ シリーズ
posted by 美容通信使 at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ナカノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック