2016年04月21日

資生堂の育毛システム。

ケンケン鰹-1.jpg
産経新聞に拠りますと、深刻化するカツオ不漁…「このままでは漁師いなくなる」頭を抱える漁業関係者との見出しで、深刻化するカツオの不漁に和歌山県内の漁業関係者も頭を抱えている。
「今は漁に出ても、行って帰ってくるだけ。何も取れないよ」。すさみ町のカツオ漁師、長野博さん(75)はため息交じりに語り、大きく肩を落とした。
長野さんはひき縄を使った「ケンケン漁」で知られるすさみ漁港で約50年、カツオ漁に打ち込んできた。
かつては、カツオ漁期(2〜5月中旬)だけで1年の収入を得ていたが、現在では漁だけでは生活ができなくなっているという。
そればかりか、漁に出ても全くカツオが取れない日もあるといい、漁船の燃費ばかりにコストがかかっている状態だと嘆く。
「何とか対策を取らないと、伝統のケンケン漁がなくなってしまうかもしれない。すさみ町の漁師にとって、ケンケン漁は誇り。何としても残したい」と語った。
和歌山南漁協すさみ支所によると、3月末時点で同支所に所属するカツオ漁師は100人程度。
同支所の担当者は、「約30年前は700人もカツオ漁師がいて港もにぎわった。今は人も船も少なくなって寂しい。漁師の平均年齢も70歳前後で、減る一方だ」と話す。
その上で、「漁師だけでは生活ができず、若い人は別の職を探している。伝統は残したいが、このままでは、漁師がいなくなってしまう」と危機感をあらわにした。
と、ありますが和歌山県のすさみ町や田辺市でしか食べられない、この時期限定の餅鰹が食べられなくなるのは一大事
餅鰹は読んで字の如く、鰹がお餅の様にもちもちしていて、この時期のみすさみ町や田辺市でしか食べられない幻の鰹です
Aコーポでも売っていますが一番最初に食べるなら田辺市駅前の商店街に在る魚屋さんをお勧めします

今日のお勧め
資生堂 246 プロサイエンス シャンプー he-1N 246ml
SI-246-he-1N-246.jpg
●他の洗浄成分に比べ最も頭皮・頭髪への刺激性の低いAMTにタウリン類を配合することにより、さらに刺激性を減少しました。
●良好な生分解性(流した後の優れた環境適合性)を実現。
●抜泡立ち性能がアップしました。
●泡粘度が高まり、よりクリーミィーな泡質を実現。
●天然保湿成分PCA誘導体配合。
●リラクセーション効果のあるさわやかな香り(フローラルグリーン)で、マスキング効果によりたばこ臭等をカット 。
●多少脂性気味だが髪の毛は、ダメージでカサカサと言う方にもこのタイプをお薦めしています。
●健康頭皮の方にお勧めです。


資生堂 246 プロサイエンス シャンプー he-1N 700ml
SI-246-he-1N-700.jpg

資生堂 246 プロサイエンス シャンプー he-1N 1200ml
SI-246-he-1N-1200T.jpg

その他の資生堂 246 プロサイエンス シリーズ
246 PRO SCIENCE-1.jpg
posted by 美容通信使 at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 資生堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック