2015年11月08日

セフィーヌ ビューティプロが楽天最安値よりお買い得!

馬英九-1.jpg
産経ニュースに拠りますと、分断後初の中台首脳会談後の記者会見は、中台それぞれの雰囲気を表す会見となった。会見場は、中国の習近平国家主席と台湾の馬英九総統が握手を交わしたホール。両氏が会談場所に移った後、椅子が並べられ、会見場に変わった。

 会談後、まず会見したのは、中国側。国務院(政府)で対台湾政策を主管する台湾事務弁公室の張志軍主任(閣僚級)が1人で会見場に立ち、習近平国家主席の発言を中心に報告した。質疑応答も、まずは座席に座れず立ち見だった国営新華社通信の記者が指名され、会談の歴史的意義について質問。張氏は準備していたかのように、6点意義を延々と説明した。

 その後、香港、台湾の記者がそれぞれ質問したところで会見は終了。納得のいかない台湾人ジャーナリストが大声を上げたが、張氏は笑顔で「30分間しかないので」と断って会場を後にした。実際の会見時間は約25分間だった。

 一方、その後、同じ場所で台湾側は、馬英九総統を筆頭に、首脳会談に参加した7人がテーブルに一列に並んで会見に臨んだ。双方が「指導者」の地位で行った会談だったが、テーブル上の名札には「中華民国」の「国旗」のデザインとともに「総統」などの官職名が書かれていた。
馬総統が習主席の印象も含めて会見の様子を説明した後、最初の質問は「総統の任期は近く終わるが、次の総統に何を期待するか」と厳しい質問。その後も、「会談の目標を達成できたと思うのか」などと批判的な質問が相次いだが、馬総統はやや疲れた表情を見せながらも、それぞれ答えていた。

 途中から、指名されない台湾人ジャーナリストが「会談で中華民国の存在を正視せよと言ったのか」「嘘つき」などと何度も叫んだが、誰も制止するでもなく、司会者も総統も見向きもせず会見が続き、質問は12問に及んだ。馬総統は最終的に、別の質問者に答える形で、ジャーナリストに反論したが、最後まで目線は合わせなかった。
と、ありますがどこにでもリベラル気取りで自称いい人は居るモンですね・・・
人間としていい人は個人の問題ですが政治家は個人の前に公人ですから国益を第一に考えるのがいい政治家の絶対条件だと思いますが公私混同してるいい人気取りの政治家程、厄介な者はありません
台湾に親近感を感じてる私としては今度の台湾の選挙結果が気になります

今日のお勧め
セフィーヌ ビューティプロ UVカットエクリュ CC ソフト25 30g
CN-BP-CC-25-30.jpg
●「セフィーヌ ビューティプロ UVカットエクリュ CC ソフト25 30g」は、日焼け止めの不満を全て解決し、1本で「メイク下地」・「UVケア」・「美容液」の3役を担います。
●下地効果は8時間キープします。
●美容成分で、肌色補正もしてメイク崩れも防いでくれます。
●安心の紫外線吸収剤無配合のノンケミカル処方で、紫外線からやさしく肌を守り、日焼けによるしみ・そばかすを防ぎます。
●無香料・無着色・無鉱物油・エタノールフリーです。
●せっけんで簡単にきれいに落とせますので、肌に負担がかかりません。
●27種類の美容成分で保湿・抗炎症・透明感をアップし、お肌にうるおいを与え、紫外線や乾燥から保護し、肌あれを防ぎます。
●グレープフルーツ精油の香りです。
●SPF25 PA+++。


その他のセフィーヌ ビューティプロ シリーズ
posted by 美容通信使 at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | セフィーヌ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック