2015年06月14日

髪に香水という発想。

インド機-1.jpg
MSNニュースに拠りますと、中国のニュースサイトやポータルサイトで、「インドは妄想の極み 『ラファール』戦闘機で『J−10』に対抗」などと題する文章の掲載が続いている。ニュースサイトの中網資訊が5月9日に掲載した記事が次々に転載されていると思われる(解説参照)。
インドを見下す感情と、対抗心が濃厚な文章だ。
文章はまず、インドのモディ首相が「ラファール」戦闘機36機を46億8000万米ドル(約5877億8500万円)で購入することを決めたと紹介。
米国の第5世代ジェット戦闘機である「F−35」に匹敵する価格だが、ラファールは4.5世代と指摘。インド人は「金があるだけでなくやりたい放題」と揶揄(やゆ)した。
インドが現在保有する戦闘機としては第4世代に属する「ミグー29」、「ミラージュ2000」、さらに比較的新しい機体としてはロシアの「Su−30MKI」があると説明した上で、さらに古い「Mig−21」、「Mig−27ML」も運用中として、同2種は「離陸したら、いつ墜落するかもしれない」と酷評した。
と、ありますがスプラトリー諸島を勝手に埋め立て、ウクライナから中古空母を買い改修工事も済ませたのに空母を運用出来ない国が言ってもね〜わーい(嬉しい顔)(笑)

経済、技術等支援しても恩義1つ処か反日一遍到の価値を共有し得ない韓国、中国を向うに回し親日の台湾、嫌中のベトナム、フィリピンを抱き込みオーストラリアと軍事同盟を締結し、インドを技術、経済共に支援し中国の後ろから当たらせ、ロシアとは北方領土問題を暫定解決しエネルギー供給を安定ならしめ、シベリア開発を支援しつつ対応に由っては日本企業のロシア進出の後押しをすれば完璧なまでの中国包囲網が構築されAIIBなん画餅に帰すると思いますが・・・わーい(嬉しい顔)

今日のお勧めexclamation×2
ピアセラボ エデュール ミスティフローラル 80g
PL-Ed-MF-80.jpg
●「ピアセラボ エデュール ミスティフローラル 80g」は、香りのヴェールがやさしく髪を包み込みスタイルの魅力を高めるフレグランスです。
●タバコ等不快な臭いをカットして寄せ付けず、更に不快な臭いが付いた髪の上から塗布する事で抑える事も可能です。
●ロマンティックなスウィートフローラルの香りが、嫌味のないラグジュアリー感と女性らしい華やかさを演出します。
●天然香料配合ですので高級感のある上品な香りです。
●高級感のある花々が際立つ甘い香りが、魅惑的で艶やかな女性を演出し、シトラスとフルーツが爽やかに香るトップから、ローズやジャスミンの花々にヘリオトロープの柔らかい甘さが加わったミドルへ、そしてラストは濃厚なベンゾインが加わりウッディ・アンバー・ムスクが甘く漂います。
●気分転換や髪の魅力を引き上げたい方にお勧めです。


その他のピアセラボ エデュール シリーズ
posted by 美容通信使 at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアセラボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック