2012年08月11日

アリミノの人気のワックス!!

李明博-1.jpg
昨日、韓国の大統領、李明博が日本領土に不法侵入しましたちっ(怒った顔)
韓国固有領土と主張するなら国際法廷に出て審理を仰ぎ、其々の立場経緯を明らかにすれば良いだけの事。
韓国側は確信犯で有るが故に当然応じませんあせあせ(飛び散る汗)
しかも政治活動を禁止されているオリンピックで示威行動をするたらーっ(汗)

ま、確信犯ならばこれも当然の事・・・
故に思いますが最早、何を言ったって無駄exclamation
かくなる上は国交を断行し、敵性外国人を強制送還し、韓国資産は凍結、日本海側にイージス艦8隻を展開し、、地対空誘導弾ペトリオットを沖縄、九州北部、山陰、北陸に配し、シーバスターを対馬、壱岐、五島列島、隠岐に配し実効的な手を打ち、外交では北朝鮮に多額の経済支援を約束し陸、海とも韓国国境を侵させ砲撃に因る後方攪乱を行わせます。
恐らく北朝鮮は世代交代をしながらも資金枯渇で実績を作りたい金正雲は延坪島砲撃事件の件もありますし、額如何でかなり乗って来るかと・・・

また唯でさえ大規模停電、韓国大手銀行破綻、公務員給与遅配で揺らぐ経済に、更にソウル近郊に火の手が広がれば驚いた外国資本が我先に逃げ出し韓国経済は終わりですわーい(嬉しい顔)揺れるハート(笑)

また軍事的戦力バランスに於いても、通常動力型潜水艦が日本は16隻に対し韓国12隻、日本は護衛艦50隻、韓国フリーゲート艦10隻、しかも韓国はバングラデシュにウルサン級を原形としたDW 2000H型(バンガバンドゥ)を1隻輸出することに成功したが、運用すると数多くの欠陥が見つかった、や、撃沈された韓国フリゲート艦「天安」等、艦船能力も疑問ですたらーっ(汗)
しかも韓国には対空の要、イージス艦が無い様ですあせあせ(飛び散る汗)(故に今年春頃に北朝鮮が弾道弾発射時にPAC3やイージス艦の話が無かったのか・・・)

日本F15、213機、韓国F15、60機、三菱F2戦闘機94機、韓国多用途戦闘機118機とあります。

客観的にみてもフリーゲート艦、仁川にしても設計は外国に委託、日本はF2戦闘機を自主開発から勘案するに100年も前から自前で艦船を設計、造艦、航空機も戦時下から自主開発、製造して来た経緯から考え、近年韓国が破綻しIMF管理下に入った実績、日本は昨年東日本大震災に際し31年ぶりに貿易赤字を計上しましたが韓国は2年ぶり(国家が自国の輸出を有利に導く為にウォン安にしてるのと、日本が輸入依存度30半ばに対し韓国は70パーセント以上である事が主因と考える。)

また韓国がG7、G8、G20に招待されない程度の国である現実を踏まえ、経済、軍事、国連の分担金(確か90億ドル)を納めなければ 9月末で国連議決投票権停止になる国際的存在からすると、竹島問題は韓国の甘えであると断言出来ます。
例えばこれが日本だからいい様なものの、中国、ロシアだったらフルボッコにされてますよわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)(笑)

と、上記様々に列記した韓国の現状を鑑みるに李明博は日本出身と云う事もあってか己が政治生命の延命に竹島を利用したのでしょう、ですが日本は相手がビビる程に断固とした処置を取らねばなりませんexclamation
ですが竹島問題をここまで放任して来た自民党は論外ですし、尖閣諸島隠蔽の民主党はもっと論外です・・・
さて近頃解散Aと言われてますが日本の未来は如何にexclamation&question

今日のお勧めexclamation×2
アリミノ スパイスネオ フリーズキープワックス 35g
ARIMINO-SPICE-neo-FKWX-35.jpg
●「アリミノ スパイスネオ フリーズキープワックス 35g」は、強いホールド力とセット力でつくったスタイルをしっかりキープします。
●ハードな固さで強いキープ力を発揮しベタつきません。
●2種の植物とフルーツエキスの融合成分天然フルーツバター配合に因り、髪へのなじみと持続性を高め湿気や乾燥に強いスタイルを維持します。
●植物性キャンデリラロウ高配合に因り、高いセット力と抜群の伸びの良さでスタイルをつくりやすく、崩れにくくします。
●1回のシャンプーですっきり落とせます。
●フレッシュペアーの香りです。
●硬い髪、盛り髪、がっつりヘアスタイルをキープしたい方、ベリーショート〜ショートヘアの方々にお勧めです。


アリミノ スパイスネオ フリーズキープワックス 100g
ARIMINO-SPICE-neo-FKWX-100.jpg

その他のアリミノ スパイス ネオ シリーズ新幹線SPICE-neo-1.jpg
posted by 美容通信使 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | アリミノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック