2011年01月02日

東京大学生まれ、石垣島育ち、食料、新薬開発、バイオ燃料、温暖化防止に役立つ「みどりむし」

シダックス-1.jpg
今日はシダックスにカラオケに行って来ましたわーい(嬉しい顔)るんるん
履歴を全部塗り替える心算で臨みましたが後輩の脱落に因り、4ページ止まりとなって仕舞いましたもうやだ〜(悲しい顔)
クラブ
エレファントカシマシの「ガストロンジャー」は秀逸でしょうわーい(嬉しい顔)(笑)

今日のお勧めexclamation×2
BIO ZYME バイオザイム(みどりむし) 90粒入SO-BIO-ZYME-90.jpg
みどりむしダイエットとして只今、評判ですexclamation×2
世界で初めて日本の東京大学が培養と製品化に成功した「バイオザイム」
みどりむしには、人間に必要な栄養素が全て含まれおり、わずか1gで青汁(ケール・モロヘイヤ・大麦若葉)の数十倍の栄養価があります。また、栄養価だけでなく、生物で唯一「パラミロン」というβグルカンの結晶体をもち、パラミロンの臨床結果としてコレステロール排泄、基礎代謝増加、血圧上昇抑制、抗ウイルス、抗腫瘍、抗菌等、免疫強化と有害物質排泄が認められてるが故、新薬開発で非常に期待されています。

みどりむしは、ビタミンAは、ほうれん草の300倍、ビタミンB12は、大麦若葉の20倍、ビタミンCはレモンの21個分、ビタミンEはモロヘイヤの23倍、ビタミンB1は豚肉の21倍、アミノ酸スコアはクロレラの153%と高い栄養価と免疫成分、また培養時に大量の二酸化炭素を消費(地球温暖化防止)する事から世界中の研究機関で長い年月をかけて研究されて来ました。
ただ、培養が、難しくアメリカ航空宇宙局(NASA)でも大量培養に成功しませんでしたが、2005年東京大学を中心とした研究機関が世界で初めて大量培養に成功しました。
現在はみどりむしを乾燥粉末にして食料(サプリメント)として第一段がスタートしています。
今後の展望は、新薬の開発、培養施設の増設によるCO2消滅、バイオ燃料の開発等が東京大学から世界に発信されています。

お得なexclamation
送料無料 BIO ZYME バイオザイム(みどりむし) 90粒入 3個セット
posted by 美容通信使 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック