2010年10月16日

育毛講座その@

動物性脂肪の取りすぎは毛乳頭の働きを悪くしますバッド(下向き矢印)

「毛乳頭」は、毛根の根っこの部分にあって、毛母細胞を増殖させる働きをする重要な組織です。
毛髪は成長期→移行期→休止期→脱毛というヘアサイクルを繰り返しています。

現代人の食生活は肉類など動物性脂肪食品に偏り野菜が不足する傾向にあり、こうした食生活を長く続けていると血がドロドロの状態になり、血液の流れが悪くなってしまい毛根付近の血流も悪くなる為、毛根に栄養が充分供給出来なくなり毛髪の成長が止まり、抜け毛も増えて、終にはハゲてしまう心配も・・・
また動物性のコレステロールはステロイドホルモンの材料になるので薄毛の原因と言われる男性ホルモンを活性化させる事にもなりますがく〜(落胆した顔)

内因的には、要は肉類に偏った食事を魚を中心としたバランスのとれた食生活に改善する事ですexclamation

外因的には毛穴の詰まりを取り除き毛髪の角化が正常に行われる為にも、また育毛剤が毛根へと経皮吸収を助ける為にもサンスター VO5 スカルプクレンジング 300gでのクレンジングがお勧めですexclamation
SU-VO5-SC-300.gif

また最近の研究では、男性型脱毛症の原因と目されるステロイドホルモンと反応し薄毛へと導く5αリダクターゼの働きを100%阻止するマミヤン アロエ薬用トニック 150ml【医薬部外品】がお勧めですメールパンチぴかぴか(新しい)
MA-AR-YT-150.png

その他のサンスター VO5 シリーズグッド(上向き矢印)
男性をおじさんからチョイわるへを、サポートするスキャルプケアからスタイリングまでの超ロングセラーなシリーズです。

その他のマミヤンアロエ シリーズグッド(上向き矢印)
posted by 美容通信使 at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | マミヤン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック