2020年01月16日

デミ ビオーブ フォルスナリシング ジェットがお買い得!!

河井案里-1.jpg
朝日新聞デジタルに拠りますと、強制捜査、立件なしは「あり得ない」 政権に新たな火種との見出しで、安倍晋三首相ら政権中枢に近い河井克行前法相の妻・案里参院議員の選挙に捜査のメスが入った。
内閣府の元副大臣が逮捕されたカジノを含む統合型リゾート(IR)事業をめぐる汚職事件や、首相主催の「桜を見る会」の疑惑などに加え、安倍政権は20日からの通常国会を前に新たな火種を抱えた。
15日夜、案里氏と夫の克行前法相は、東京都内の議員宿舎でそれぞれ記者団の取材に応じた。
昨年10月に克行氏が法相を辞任してから2人が公の場に姿を現すのは初めてだったが、いずれも「刑事事件として捜査中」などとして、疑惑の詳細を語らなかった。
午後10時から急きょ取材に応じた克行氏は、法相辞任時に「今後、説明責任を果たしたい」と述べながら国会を長期欠席していたことについて、「国会審議に支障を来すことがあってはいけないと考えて欠席した」と釈明。
記者団に事件の詳細について説明を求められても、「刑事告発を受けて捜査が始まっている」などと繰り返した。
30分後に取材に応じた案里氏も、昨夏の参院選で法定上限を超える報酬を車上運動員に払ったかどうかなどを問われたが、「捜査機関に対して全面的に協力しながら洗いざらい調べていただき、現実を明らかにしていただきたい。協力を惜しまない」と述べるにとどめた。
広島地検が広島市にある案里氏の事務所など関係先を捜索した15日午前、菅義偉官房長官は記者会見で「政府の立場でコメントは差し控える」としつつ、「自らの行動については、説明責任を果たす必要がある」と述べた。
中東訪問からこの日午後に帰国した安倍晋三首相は、案里氏側への強制捜査について発言しなかった。
と、有りますが最近有ったカルロス・ゴーン逃亡劇でも有ります様に一部の特権階級と思い上がった連中を野放しにしては民主主義を棄損します。
日本の司法制度を海外から罵るゴーンに在ってもここはずるをした連中を徹底追及する事で日本の司法制度の健全性を世界に証明し日本の矜持を明らかにすべきです。
そしてそれは日本の民主主義に於いて後世に残す宝物となる事でしょう

今日のお勧め
デミ ビオーブ フォルスナリシング ジェット 180g
DM-Bi-FN-J-180.jpg
●「デミ ビオーブ フォルスナリシング ジェット 180g」は、炭酸ガスを1,700ppm配合したスプレータイプの頭皮用美容液です。
●スプレータイプなので、狙ったところに簡単に塗布できます。
●植物由来成分が頭皮環境を整え、加齢に伴い細くボリュームのなくなってきた髪にハリ・コシを与えます。


数量限定 デミ ビオーブ フォルスナリシング ジェット 300g
DM-Bi-FN-J-300.jpg

その他のデミ ビオーブ シリーズ
posted by 美容通信使 at 10:11| Comment(0) | デミ コスメティクス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする