2018年03月09日

ミルボン フィエーリがお買い得!!

ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン-1.jpg
産経新聞に拠りますと、埼玉・熊谷6人殺害のペルー人被告に死刑判決 弁護側の「心神喪失」無罪主張退ける さいたま地裁との見出しで、埼玉県熊谷市で平成27年9月、小学生2人を含む6人が殺害された事件で、強盗殺人などの罪で起訴されたペルー人のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(32)の裁判員裁判判決公判が9日、さいたま地裁で開かれ、佐々木直人裁判長は求刑通り死刑を言い渡した。
ナカダ被告は上下黒い服で入廷。
被告人用の席に背を丸めて座った。
佐々木裁判長が証言台の前に立つよう促すと、刑務官7人に囲まれ移動。
「被告人を死刑に処する」。
佐々木裁判長から2度極刑を言い渡されると、身動きをせず、うつむいたまま表情を見せなかった。
公判では、責任能力の有無が主な争点だった。
検察側は論告で、ナカダ被告が遺体を隠したり、血痕を拭い取ったりしたことなどから責任能力があると主張。
「全く落ち度のない他人の生命を害することで、利欲目的を達することなど到底許されない」と指弾していた。
一方、弁護側は「心神喪失で処罰はできない」と無罪を主張していた。
判決によると、27年9月14〜16日、熊谷市の住宅3軒で計6人を刃物で襲って殺害したなどとしている。
死亡したのは田崎稔さん(55)と妻、美佐枝さん(53)、白石和代さん(84)、加藤美和子さん(41)と長女の美咲さん(10)、次女の春花さん(7)=年齢はいずれも当時。
と、有りますが日本も何でもかんでも入国さしたらいかん典型的な事件です・・・
おかしな奴が入って来ない様にハードルを上げるべきです
ましてや心神喪失を罪の免罪符にしようとは・・・。

今日のお勧め
ミルボン フィエーリ シャンプー 1000ml
MILBON-FL-SP-1000T.jpg
●「ミルボン フィエーリ シャンプー 1000ml」は、アミノグリセリン効果によりうねりの原因となる扁平部分への集中的に水分が導入され、強くうねる髪をやわらかくおさめます。
●みずみずしいジューシーグリーンアップルの香りです。


ミルボン フィエーリ シャンプー 2500ml
MILBON-FL-SP-2500T.jpg
posted by 美容通信使 at 15:18| Comment(0) | ミルボン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする